鵞足炎は注射で完治するの?

こんにちは。

あなたは鵞足炎と病院で診断されて、すぐに治したいから、お医者さんに勧められたからと注射で治そうとしてませんか?

残念ながら、それでは鵞足炎は完治できません!

その理由をお伝えして行きます。

そもそも鵞足炎に注射は効果があるの?

なかなか治らない鵞足炎による膝の痛みには、整形外科でステロイド注射を打ってもらうという選択肢があります。

このステロイド注射をする事で、膝の痛みが劇的に緩和することがあります。

それはステロイド注射は、あらゆる痛み止めの飲み薬や湿布などと比較しても「最も効果のある痛み止め」と言われているからなんです。

しかし、ステロイド注射は炎症を抑えている部位にピンポイントで注射をしないと効果がありません。

注射の部位がずれてしまうと、あまり痛みが緩和しなかったり、またすぐに痛みが戻ってしまう事もあります。

実は注射の副作用も…考えて治療を受けましょう

また、ステロイド注射は副作用で苦しむ可能性もあります。

ステロイドにはタンパク質を分解する作用があり、腱や靭帯をもろくしてしまう副作用があります。

何度も注射をすると、膝関節の周囲の腱や靭帯がもろくなり、スポーツや運動をする度に膝に負担がかかりやすくなり、治療をしても治りづらくなってしまいます。

そのため、ステロイド注射は1年間に2回程度しか使用しない方が良いのです。

しかし、膝の痛みが戻ってしまうと1か月に1回くらいのペースでステロイド注射を打つ方もいます。

これはとても危険なことなので絶対に行わない方が良いでしょう。

そもそも鵞足炎の根本原因を見つけよう

鵞足炎の原因は膝関節の内側の腱が炎症を起こしていることだけが悪いのではなく、スポーツなど日常的に膝の内側に負担がかかる動作になってしまっていることが根本的な原因になります。

身体の歪んだ状態でスポーツなど日常的に膝の内側に負担がかかった動作を繰り返し行なっていた事で鵞足炎になります。

そのため湿布や強い消炎鎮痛効果のあるステロイド注射を打っても、膝関節の内側に負担のかかる動作を改善しない限り、何度も痛みが再発してしまいます。

膝の痛みがある度にステロイド注射を打つことで腱や靭帯、筋肉はどんどん弱くなってしまいます。

弱くなってしまった腱や靭帯、筋肉に負担のかかる動作をすることで、さらに治りづらい膝関節の内側の痛みになってしまいます。

 

鵞足炎に特徴的な症状

鵞足炎で痛むところは膝の内側になります。

膝の外側や真ん中に痛みが広がるということはありません。

膝の内側の痛みがあって、「膝が全体的に腫れる」という症状がある場合は、鵞足炎ではなく他の膝の疾患である可能性があります。

スポーツをしている方の場合、運動中に徐々に膝の内側が痛くなってきますが、人によっては「運動中は膝に痛みがないが、運動後に膝の内側が痛む」という方もいます。

また、膝の内側を押すと痛みがあり、痛みの範囲は他の膝疾患と比べて広範囲である事が多くあります。

痛みを我慢して運動を続けていると炎症がひどくなり、膝の内側が腫れてくることもあります。

膝の痛みを我慢しながらランニングなどの運動を続けていると、座っている時や立っている時、じっとしている時でも痛みを感じるようになってきます。

 

鵞足炎の原因になる動作

原因のほとんどはオーバーユース(使い過ぎ)と言われています。

膝を曲げ伸ばしをする時に膝が内側へ入る動作や膝をひねる動作で、内側側副靱帯と呼ばれる膝の横にある靭帯に摩擦が生じ痛みが出ます。

鵞足炎になってしまう方は、主にマラソンランナーに多いとされています。

しかし、サッカーやバスケットボール、野球、競泳などのスポーツにも発症の要因となる動作が多くあります。

サッカーやバスケットボールなどは、勢いよく走っているなかで急な方向転換や急に止まる動作といった動作が多くあります。

この動作が鵞足炎を発症しやすく、他にもジャンプやステップ動作にも注意が必要です。

競泳では平泳ぎのキッキング動作を過剰に繰り返すことが発症の原因となります。

特に最後の両足でグイッと水を掻き出す動きが鵞足部に極度の負担がかかります。

 

鵞足炎を完治させるために必要なこと

鵞足炎の痛みを根本から改善するためには、ステロイド注射を打つのではなく膝関節の内側に負担をかける動作を改善する必要があります。

多くの方は「膝関節の内側に負担のかける動作を改善する」というと、負担をかけない動作を意識しようとしますが、もともとの身体は関節のゆがみが起きたりしているため、膝関節の内側に負担をかける動作を防ぐ事が困難な状態です。

まずは関節のゆがみをケア・改善するために、「正しい姿勢」を身につけましょう。

関節のゆがみは姿勢が崩れている事で起きます。

正しい姿勢を脳みそが学習することで正しく関節が動き、膝関節の内側に負担を軽減することが出来ます。

 

→当院での詳しい治療方法はこちら

【不安がハレれば、毎日がハレル♪】

未病リハビリセンターハレル 雁ノ巣本店

〒811-0206 福岡市東区雁ノ巣2-23-30

☎︎092-410-5865

https://honten.hareru.net/

Mail:hareru0215@gmail.com

LINE公式:https://line.me/R/ti/p/%40weo9477q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA