骨の役割とは?

こんにちは!

突然ですが、『體』という漢字を見たことはありますか?

が豊か」と書いてありますが、

いったい何と読んで、意味はどうなのか知っていますか?

 

 

答えは・・・

「からだ」です!

現在使われている『体』という漢字、昔は『體』と書いていました。

漢字は成り立ちから、その漢字の意味が分かるものが多くあります。

例えば、『踵(かかと)』ですが、



足+重

足の中で重さがかかる部分

かかと

という様に読み取れます。

では、『體(からだ)』はどうなるでしょう。



骨+豊

骨が豊か

からだ

となります。

つまり、「体とは、骨が豊かであるもの」

漢字を作った人たちは、体にとって骨が大事な存在であると認識していたのかもしれませんね。

昔の人たちが考えた通り、骨は体にとってとても重要な存在です。

本日は、骨の働き・大切さについてお伝えします。

 

 

骨は何のためにあるの?

骨は人体にいくつぐらいあるか知っていますか?

14711297_739457456195028_1879559486624124224_o

骨は大人で約206個もの骨があり、それらが配列されて人の体を作り上げています。

では、その骨はどのような働きをしているのでしょう。

 

1.支持作用14681072_739457502861690_1522608171123970602_o

骨が体内でしっかり積み重なってくれているので、支柱の役割となって体を支えています。

もし鉄筋コンクリートのマンションに、鉄筋が無かったら・・・

と考えると、いつ崩れるか心配で安心して生活できませんよね。

骨は体にとってマンションの鉄筋とも言えます!

 

2.保護作用

14691297_739457586195015_4997326562262872079_o

頭蓋骨や肋骨など硬い骨のおかげで、その中にある脳や内臓が守られていますよ。

これらの働きはみなさんもなんとなく想像できるのではないでしょうか?

骨には、これ以外にも意外な働きがあります。

 

知らない人が多い意外な骨の意外な働き!

3.造血作用

14714981_739457646195009_8373170375858988560_o

骨は血液も作っています!

一般的な骨のイメージだと、中身がギッシリつまっている硬い棒のようなものを想像する方もいるかと思います。

血液もどこかしらの内臓で作られているような気がしませんか?

実際、古代エジプトでは血液は消化管で作られると考えられていました。

19世紀になって、骨の中心部にある骨髄で作られることが分かってきたのです。

19世紀というと意外と最近ですよね。

14691449_739457699528337_8190979081829320864_o

全身を常に駆け巡っている血液ですが、全体の30%失うと死に至ってしまいます。

そんなとても大切な血液を作ってくれているが骨なのです。

 

 

では、そんな大事な骨。

見えないところで頑張って働いてくれている骨が、いつまでも元気に働いてもらいたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA