【家でできる】ストレッチポールに乗るだけで得られる4つの効果

本日は「ストレッチポールに乗るだけで得られる4つの効果」についてお伝えします。

ストレッチポールに乗るだけ!ー4つの効果ー

 

①凝り固まった筋肉が緩む

人間は寝ている時に全身の筋肉がリラックスしていると思われている方がほとんどと思いますが、、それは間違いです。

その証拠に朝起きた時に身体の疲れがとれていないと感じることがありませんか?

ストレッチポールに乗る事で、体の外側にある凝り固まった筋肉が緩みます。

 

その状態で運動やエクササイズをすると体の内側にある筋肉も緩み、完全なリラックス状態になります。

ストレッチポールに乗った後に床で寝ると、寝る前にはつかなかった背中全体がべったりと床につくのを感じることができます。

これは外側の凝り固まった筋肉が完全に緩んでいる証拠です。

ストレッチポールは緊張がほぐれにくい筋肉まで緩めてくれます。

②骨格を整える

人間の身体を横から見ると、本来ゆるやかなS字カーブを描いています。

しかし、現代の生活ではパソコン作業やスマートフォンを見ることが多く、気づかないうちに前屈み姿勢になってしまっていることがほとんどです。

このような前屈みの姿勢が続くと骨格は徐々に歪んでいき、肩こりや腰痛、不眠や冷え性などの身体の不調を引き起こします。

ストレッチポールに乗ると体の外側と内側の筋肉が緩まるだけではなく、骨のひとつひとつも動きやすくなり、骨格の歪みや関節のズレが効果的に改善します。

背骨は本来のS字カーブを取り戻し、骨盤の動きも改善します!

③呼吸が深くなる

 

前屈みの姿勢が習慣化してくると、肋骨が拡がりにくくなります。

ストレッチポールに乗ると自然と肋骨が拡がり、その状態でゆったりとした呼吸を続けることでリラックスできます。

この肋骨の動きや呼吸が習慣化すると、普段の呼吸も深くなっていきます。

呼吸が深くなる事で肺活量が増えて持久力がアップし、疲れにくくなります。

酸素を多く取り組めるようになる事で脂肪が燃えやすくなり、痩せやすい身体にもなります。

また副交感神経が優位になるため、寝つきがよくなって睡眠の質も上がり、疲労も回復しやすくなります。

 

④脳がリラックスする

 

人間の脳は立っている時も、歩いているときもその動きに対して常にどうあるべきか監視しています。

多忙な日が続くと身体が緊張し続けているため、脳も緊張モードになっています。

すると就寝前にリラックスモードにならず、不眠になりやすくなります。

就寝前にストレッチポールに乗る事で、全身の凝り固まった筋肉が緩んで完全にリラックスして、身体がストレスから解放されます。

脳は身体を監視する必要がなくなり、リラックスモードに切り替わります。

ストレッチポールを使った方の多くが、

「とてもよく眠れるようになった」

と感じるようです。

 

→当院での詳しい治療方法はこちら

LINEから「ストレッチポール 効果」のメッセージで、初回限定クーポンプレゼント中!!

【不安がハレれば、毎日がハレル♪】

未病リハビリセンターハレル 雁ノ巣本店

〒811-0206 福岡市東区雁ノ巣2-23-30

☎︎092-410-5865

https://honten.hareru.net/

Mail:hareru0215@gmail.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA