便秘を解消するためにどうする?

今回は便秘を解消するための具体的な方法についてお伝えします。

 

便秘を解消するための5つの方法

まず便秘を解消するための5つの方法をお伝えします。
この方法は便秘を解消するための方法ですが、便秘にならないための方法でもあるので、ぜひ実践してみてください。

 

食物繊維を含んだ物を食べる

これが一番よく知られている方法だと思います。
しかし、食物繊維のとりすぎは下痢の原因にもなりますし、便秘の原因にもなってしまいます。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。
水溶性食物繊維はこんにゃく海藻類などに多く含まれ、便を柔らかくしてくれます。
不溶性食物繊維は穀物キノコ類野菜果物に多く含まれており、腸を刺激して便の量を増やしてくれる働きがあります。
便が硬くなっている人が不溶性食物繊維を多く摂取してしまうと、逆に便が硬くなってしまうので摂取量には注意してください。また、ゴボウ大豆キノコ類両方の食物繊維を含んでいるので特に注意が必要です。

マグネシウムを含まれている物を食べる

マグネシウムには腸管内へ水分を移動させて、便を柔らかくする働きがあります。
マグネシウムはそば海苔ひじきなどの海藻類キノコ類納豆に多く含まれています。

マグネシウムも摂取し過ぎると逆に便秘の原因になります。また、腎疾患など内臓に疾患のある方が過剰に摂取すると、悪化してしまう恐れがあるので食べ過ぎには注意しましょう。

乳酸菌を含まれる物を食べる

腸内環境を整えるためには善玉菌が必要になります。
この善玉菌のエサになるのが、乳酸菌になります。
乳酸菌が多く含まれる物としてヨーグルトが考えられると思いますが、チーズ味噌キムチなどの発酵食品にも多く含まれているので、ヨーグルトだけに偏らずにバランスよく摂取しましょう。

便秘の方はもともと腸内環境が悪化しているため、善玉菌より悪玉菌が多い状態です。
その状態で乳酸菌を摂取しても、腸内環境が改善されるには時間がかかります。
ハレルでは腸内環境を改善するために、腸の中を掃除をする「ファスティング」を行っています。

 

適度な運動

適度な運動は腸の活動を促してくれます。
ウォーキングなどの全身運動がオススメですが、運動が困難な場合はマッサージやお腹を温めるなどの方法があります。

 

生活習慣を整える

便秘の方の多くは自律神経が乱れていることが多いです。
自律神経を整えるためにも、寝る時間や排泄の時間を決めたりして生活にリズムをつけると自律神経が整い、腸の活動も促進されます。ますは、決まった時間に落ち着いてトイレに入ると良いでしょう。

 

 

→当院での詳しい治療方法はこちら

LINEから「ブログ見ました」のメッセージで、初回限定クーポンプレゼント中!!

【不安がハレれば、毎日がハレル♪】

未病リハビリセンターハレル 雁ノ巣本店

〒811-0206 福岡市東区雁ノ巣2-23-30

☎︎092-410-5865

https://honten.hareru.net/

Mail:hareru0215@gmail.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA